こんにちは、ともです!

本日は!
今まで指輪についていくつかお話していきましたが、
さらに踏み込みまして…もう少し結婚式に関連したものを♪

みなさま、突然ですが、
リングピローって何?と聞かれたら、どう答えますか!?

おそらく結婚式に参加したことがある方なら、見たり、聞いたりしたことがあると思います。
でもいざ説明してみてといわれると詳しく話せる方は少ないのではないでしょうか。

そんなもやもやを解消するために、
リングピローの疑問についてまとめていきたいと思いますので、
ぜひ最後まで読んでいただけると嬉しいです♪

🕊本日のテーマ🕊

💡リングピローとは?
💡誰がどうやって準備するの?
💡結婚式のいつ使うもの?
💡結婚式の後はどうするの?

リングピローとは?

リングピローの由来はなんと、古代エジプトまで遡ります。
古代エジプトの結婚式では、宝石を枕のような宝石台に乗せて飾り、
召使が身分の高い方に直接手で渡すのは無礼だということで、ピロー(枕)にのせて渡していたようです。

その習慣がヨーロッパに伝わり、現代では結婚式で指輪交換を行う際の必需品として世界中に広がったと言われています。

近ごろでは、ピロー型以外にもケースやプレートになっていたり、カゴを用いたりと
リングピローの形も変化してきています。

誰がどうやって準備するの?

リングピローの準備の仕方としては4つ
・結婚式会場のレンタル(有料・無料、両方の可能性有)
・自分で作る
・既製品を購入する
・知り合いから受け継ぐ

基本的に新郎新婦で準備するもののリストに入っていますが、
式場によってはレンタルさせてくれるところもあるので一度確認してみると良いと思います!

結婚式のいつ使うもの?

リングピローを使う場面といえば、みなさんもご存知の通り、
挙式での指輪の交換のシーン。

リングピローに結婚指輪をのせた状態で、あらかじめ挙式が始まる前に祭壇に準備されていたり、
牧師さんが入場するときに手にもっていたり、また演出としてリングガール・ボーイまたはリングドッグがもってきてくれたりと用意のされ方はいろいろあるようです。

また、もう一か所リングピローを登場させるとしたら、ウェルカムスペース

私の場合、挙式で指輪交換をした後、
ウェルカムスペースに飾ってもらえるようにプランナーさんにお願いしました!

あまり飾られる方は多くはないと思いますが、私的にはすごくおススメです

その時の様子はこちら!

挙式で記入した結婚証明書と一緒に飾ってもらいました。

挙式でのリングピローの登場シーンってほんとわずか一瞬なんですよね…!
しかもその一瞬も前で牧師さんが持ってるので、新郎新婦に隠れてゲストからはあまり見えない泣
せっかく手作りしてもみんなに見てもらえないなんて悲しすぎる!
ということでウェルカムスペースに飾ってもらうことにしました✨

実際ウェルカムスペースに飾ったことで、
みんな写真を撮ってくれたり、リングピロー買ったのー?とか作ったのー?とか
かわいいー!と言ってもらえたりと話題に出てきたので、
自己満かもしれませんが、私的に置いてよかったと感じました!

結婚式の後はどうするの?

結婚式の後、みなさんリングピローをどうするのか疑問に思ったことはありませんか??
私がリングピローを準備するときに一番気になったのがこのことでした!笑

私は結婚式準備を始める前からリングピローは手作りでと考えていました。
しかし準備を進めていくうちに、
時間がないうえに挙式で使用する一瞬のためだけに時間を割くのは効率が悪くないか?という考えにいたり、
手作りにするべきか、既製品を使うべきかすごく悩みました…💦

そこで、結婚式の後みんながリングピローをどうしているのか色々検索した結果
多かった答えは①メルカリで売る、②捨てるまたはどこにいったか分からない、③挙式予定の友人、姉妹に譲るでした。

そして!さらに検索を進めると素敵だな!と思ったアイディアがでてきました。
それは、将来の赤ちゃんのファーストピローとして使用するでした!

ファーストピローとは、結婚式で使用したリングピローを赤ちゃんが生まれてきて3日間、枕として使用すると
その子はずっと幸せな人生をおくれると言い伝えられているそうです。

素敵すぎませんか!?♡
私はファーストピローを知ってすぐ手作りにすることを決めました!

ただの言い伝えにすぎないかもしれませんが、
両親の幸せいっぱいの瞬間を見守ったリングピローがこれからたくさんの経験をして成長していく子どもの初めての瞬間に立ち会い、見守ってくれる…
その光景を想像しただけでも気持ちが高鳴ります♪

また、その他にももう一つ素敵だな!と思ったアイディアは、
生活の中で指輪置き場として使う方もいらっしゃるそうです♪
こちらも思い出いっぱいのリングピローを身近で使用することで、
幸せいっぱいの瞬間を毎日感じられて良いアイディアですよね!

さいごに

本日はリングピローの疑問を解消すべく
その由来や準備の仕方、結婚式での役割、結婚式後の使い方に注目して紹介していきました。

元々、リングピローは古代エジプトを起源とし、現代では世界中の結婚式で使用されるようになりました。
その形は王道な枕型のものから、プレート・ケース型、カゴを用いたもの等、
時代とともにバリエーションが増えてきています。

リングピローは挙式の指輪交換でメインに使用されますが、
ウェルカムスペースで飾るとゲストに見てもらう機会が増えるので、私的にはおススメです♪

基本的にリングピローは新郎新婦で準備するもので、
その準備の仕方は4通り
・結婚式会場のレンタル(有料・無料、両方の可能性有)
・自分で作る
・既製品を購入する
・知り合いから受け継ぐ

また、結婚式後の使用としては、
・メルカリで売る
・捨てるまたはどこにいったか分からない
・挙式予定の友人、姉妹に譲る
こちらの3通りの方法をする方が多かったですが、
私的におススメ!素敵なアイディアだな!と思った使い方は、
・ファーストピロー
・指輪置き場としての使用
こちらの2つのアイディアでした!

リングピローについてはまだまだお話したいことがありますので、
またの機会にまとめていきたいと思います。楽しみにしていてくださいね♪