こんにちは、ともです!

今日は結婚式場へアフターディナーに行ってきました。

装飾はすっかりクリスマスモードに♪

ついこの間挙げたばかりなのに、すごく懐かしく感じました!

私が挙げた結婚式場はレストランも併設されているので(私の結婚式場の決め手のひとつです!)

これからも結婚記念日に訪れて、思い出を積み重ねていけたらなぁと今から楽しみです!

さて、前回に引き続きスマホアプリ『スマホで年賀状』についてお話していこうと思います。

特に今回は、
・届いたサンプルの感想
・年賀状注文の流れ

2本立てでいきたいと思います!

良かったら今年の年賀状の参考にしてみてください♪

スマホで年賀状

■料金
・基本料金0円
・デザイン・宛名印刷・投函代すべて込み 80円~/1枚(ハガキ代を除く)
・住所録へのデータ登録は無料(数量限定なし)
・まとめ買いをするとさらにお得!

■配送
配送方法は2通りから選ぶことができます。
-ポスト投函代行 無料
-自宅配送 (ネコポス)390円 (宅急便)810円

手書きのメッセージを追加したい場合は自宅配送に♪
また、15時までの注文は、翌日までに出荷、最短で翌々日には届くそうです!

■支払方法
-クレジットカード決済
-キャリア決済
-コンビニ・郵便局払い
-楽天ペイ
-Yahoo!ウォレット

5種類から選択できます。
決算時に手数料がかかるものもあるので、ご注意ください。

■その他
・喪中・寒中見舞いも対応可能
・年賀状は通常・キャラクター(ディズニー&スヌーピー)から選択可

サンプルの感想

サンプルがついに届きました!注文から届くまで、5日間かかりましたー!

サンプルは普通の郵便物と同様、ポスト投函されます。
前編でもお話しましたように、
普通紙と写真用紙の2種類を全く同じデザインでサンプル注文してみましたので、
その違いを見比べていきたいと思います♪


まず、気になるのは色合いが全く違います!
普通紙は生成りがかっていて、写真用紙は真っ白です。

そして、気になる紙の質感


写真ではなかなか伝わりにくいかもしれませんが、
・写真用紙は光沢があり高級感がある
・普通紙の画質はけっこう粗め
・紙の厚みは普通紙:通常のハガキと同じ、写真用紙:厚みがありしっかりしている

そして、何よりの違いは、フチのありなし

普通紙は注文の時から記載があったのですが、白いフチがつきます!
なんかすごいダサい、、、笑

もともと背景が白だったら問題ないかもしれませんが、
背景が色付きだと、フチが変に浮き上がってみえて微妙でした、、

今回、普通紙と写真用紙を見比べた結果、
確かに普通紙のほうがコスパはいいですが、私にとって普通紙は気になる点がたくさんあったので、
今年の年賀状は、写真用紙で発注することに決定しました♪

注文方法

年賀状の裏面は前編で完成したので、今回はその続きから♪

■宛名を登録します

宛名を人数分登録していきます。
1人1人だと登録が大変なので、パソコンからだとエクセルで一括登録(テンプレートがHPにあります)、
またはスマホからだと去年もらった年賀状の表面をスキャンをして登録することができます!

宛先がご夫婦の連名の場合は、『連名を追加』に姓は入れずに名だけ入れるだけで大丈夫です♪
また、宛名面をご自身で印刷または手書きしたい方は『宛名を印刷しない』も選ぶことができます。

■差出人を登録します

登録方法は宛名の時と同じです。
夫婦で連名で出すときは、『連名1』のところは『名』だけ入力しましょう。

また、こちらも『差出人を印刷しない』を選ぶことができます。

■書体・はがきの種類を選びます

書体
・楷書体
・明朝体
・ゴシック体
・デザイン体
・手書き風

はがき
・通常年賀状
・ディズニー年賀状
・スヌーピー年賀状

から選ぶことができます!

そして、最後に決算をして注文完了♪
あとは届くのを待つだけです!

サンプル発注~本発注までの特徴

ここでは、サンプル注文~本注文をするまでで気づいたメリット・デメリットをまとめてみました。

■メリット
・スキマ時間で作成可能
・宛名印刷、基本料金、ポスト投函が無料
・サンプル注文が無料
・テンプレートの種類が豊富
・宛名帳でグループ分けができ管理しやすい

■デメリット
・連名入力が分かりにくい
・用紙の選択がデザイン作成時にしかできない
・宛名にアポストロフィが含まれているとうまく印刷されない(例:マンション名等 〇’s)
・テンプレートに当てはめるだけなので凝ったものはできない

さいごに

本日は、前回に引き続きスマホで年賀状の使い方についてお話していきました。

届いたサンプルの感想
はがきの特徴としては次の通りです。

価格 色合い 光沢 厚み 画質 フチ
普通紙 80円 生成り なし 薄め 粗い あり(白)
写真用紙 110円 真っ白 あり 厚めでしっかり 写真に近い なし

普通紙では画質の粗さと周りに白いフチがつくのがすごく気になりましたが、コスパは断然普通紙です。
写真用紙は厚みがしっかりしていて、光沢もあるので高級感があります。
用紙選びはコスパか紙の質かで決まるでしょう。

今回スマホで年賀状を利用した感想としては、
・スマホで作成できるので、スキマ時間をうまく活用できる
・宛名印刷・基本料金・ポスト投函・サンプル注文が無料でお得感満載
・用紙選択がデザイン時のみなのが少し不便に感じられる
・テンプレートをもとに作成するので、自由度が低いので凝ったものはできない

今年は年賀状の引き受けは12月15日(日)から始まります!
また、12月25日(水)までに差出しをすれば、確実に元日に届けてくれるようです。

ぜひ、今年の年賀状はスマホで簡単に作ってみるのはいかがでしょうか?♡