こんにちは!ともです。

最近は毎週のように台風がやってきて(しかも週末ばっかり、、、)

結婚式を控えているプレ花嫁さんにとっては、天気はすごく気になる話題ですよね!

私も一度、友人の結婚式が台風と被ってしまい、帰りの電車が動かなくなったことが、、、

しかし、みんなでどうやって帰るかを話しているうちに、初めましての人とも仲良くなり、

逆にほっこりして、今となっては良い思い出です!笑

本日は!
式場見学でプランナーさんとじっくり話ができる相談会
その中でも、初回見積もりについてお話していこうと思います。

結婚式の自己負担額って?

まず、結婚式にかかる費用って自分たちで全て賄うと思っている方いませんか?

お恥ずかしい話ですが、私は完全にそう思い込んでいました!笑

でも実際は、

結婚式にかかる費用=実際にかかる費用-ご祝儀

実際にかかる費用からご祝儀分を引いた金額を貯金しておけば、結婚式は挙げることはできます♪

(※式場に支払う以外にも、お車代、エステ、ウェルカムスペース等の準備代…いろいろ経費はかかってくるのはお忘れなく!)

見積もりにあたっての準備

私の場合は、事前に結婚式費用の上限を決めてから式場見学に行きました。

以下の方法で計算して、その上限金額以下になるように
値引き交渉あるのみです!笑

例えば…ゲスト90名の場合
ゲスト90名×ご祝儀一律3万円=270万
この金額(270万)にプラスいくらまで自己負担することが可能か?
→〇万円自己負担可能

270万+〇万円≧式場見学の際の初回見積額

後々結婚式の準備過程で、金額がアップすることは必然なので

自己負担可能金額より少しでも安く見積りを出してもらえたらベストです!

何度も再見積もりを出してもらうのも気が引けますが、高いお買い物なので

見積もりは、納得がいくまで何度でも出してもらいましょう♪

ただ、プランナーさんとの関係もあるので、無理に値引きを強要するのは禁物です!

私の場合

前回のブログでもお伝えしましたように

値引き交渉はほんとに労力を使いました…

できればこの先一生やりたくありません!笑

私たちが契約した式場では、1回目の式場見学の際に1度目の見積もり、
最終決定の契約の際に2度目の見積もりを出してもらったのですが、

その時点で100万ほどは安くなりました!
(※日程、時間、披露宴会場等何の変更もランクも下げていません!)

こんなに安くできるなら、初めからその金額にしてよ…

心の中で呟いたは内緒です笑

その時にプランナーさんに伝えたコツ等をお話ししていきたいと思いますので
良かったら参考にしてみてください♪

値引き交渉のポイント

私の結婚式の情報としましては、大安・土曜日・秋という人気のシーズンです。
ベストシーズンの大幅値引きは難しいみたいですが
実際100万ほど安くなったので、値引き交渉したかいがありました♪

ポイントは4つ!
予算を実際の予算より少なめに伝える
絶対に見栄をはらないこと!

他の式場の悩んでいることをアピール
※値段交渉中の式場もかなり興味はあるということははっきりと示しましょう!

私たちは、「迷っているポイントは金額だけ」、「プランナーさんが話していた
式場の○○の部分はとても気に入っていて、ここでぜひ挙式できたら
すごく素敵なのに…」という言う感じで伝えましたよ♪

今契約してもらえれば~の言葉に騙されない
今契約すれば、特典で○○つけます、〇円引きになりますという言葉で
すぐに契約してはダメです!
私たちは、もうひと声何かないですか?とか
具体的に○○の料金が気になっていて~…ともう一押ししたら、
さらに特典をつけてくれたりしましたよ♪

持ち込み料金の確認
引き出物、ペーパーアイテム(招待状、席札、席次表、メニュー表等)、ドレス、ブーケ、カメラマン等、個人手配すると持ち込み料がかかってくる式場も少なくありません。
どうしても持ち込みたいものがあれば、契約前に交渉しておくと、持ち込み料がタダになる式場もあるみたいです。
(例えば、ペーパーアイテムは式場で依頼するよりも外部発注した方が安い場合が多いと思います。)

その他、こだわりがない方は、以下の裏ワザも!
☆結婚式を挙げる日程を閑散期に
☆平日、大安以外(特に仏滅)、真夏、真冬に

その他、節約する方法はあるの?

自作のものを増やす
定番品と言えば、ペーパーアイテム(招待状、席札、席次表)!
自作をすれば数千円~数万円節約することもできます。

引き出物
外部に委託すると(持ち込み不可の式場もあるので事前に要確認)バリエーションが多い中から選べる上、
同レベルの品物でもお買い得に購入できる場合もあります。
その場合、式場の見積りに含まれている引き出物の紙袋代も0円になり、数万円の節約になります。

また、最近流行りの宅配の引き出物の場合も、紙袋代がかからないので、同じことが言えます!

引き出物のランクを下げてまで節約するのは嫌ですが、同レベルの品物で節約できるのであれば、そっちのほうが賢いと思います♪

最終チェック!必ず確認すべきこと

それでは契約前の最終チェック!

注意すべきことは以下の2点です

見積もりには結婚式に必要な項目全てが含まれていますか?
忘れがちな代表物いえば、
衣装(ベールや靴等の小物が含まれているかどうか)、両親の衣装(必要な方のみ)、アテンド(新郎新婦の身の回りのお世話をしてくれる人)料金、ヘアセット・着付け料金、プロジェクター使用料、ムービー・写真関係にかかる料金

価格やランクは低く設定されていないですか?
代表的なものといえば、お料理!

後々コースの内容を確認してみると、
品数が少なかったり、内容が満足いくものではなかったりと結局ランクアップすることにという方も少なくないようです。

他には、
ケーキ(イミテーションor本物、イメージが選べるかどうか)、衣装(プランの内容:いくらまでの衣装を選ぶことができるか)、装花のボリューム(写真をみせてもらいながら価格とボリュームを確認するのが良いと思います)、

項目やランクで迷うことがあれば、とりあえず見積もりに含めてもらっておくのがいいと思います。
必要なくなれば、その時に見積もりから外してもらえればいいだけなので♪

さいごに

本日は初回見積もりについてお話していきました。
たくさん注意することも多いですが、前準備としっかりプランナーさんと話し合うことができれば大丈夫だと思います。

本日のポイントとしては3点!
・事前に新郎新婦で予算を決めておくこと
・値引き交渉は必ず行うこと、そして即決しないこと
・プランナーさんにたくさん質問をして、見積内容をしっかり確認すること

が賢く結婚式を挙げるコツだと思います!

ぜひ頑張ってみてくださいね♪